VFR400R(NC30)でたまにミニサーキットを走っていまする。
10≪ 2017.11|123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
アクセスカウンター
2014.3.3設置
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
11
14 16 17
24 25
26 27 28 29 30
書いてる人
お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム

レースで勝つためには一発のタイムが出せるだけでは足りないと思う訳ですけれども。
練習でベストを更新したり、レースの本戦中のテンションでベストを更新したりってのはいくらでもあるコトだけど、レースが終わってみるとベストが自分の方が出ているのに負けるコトもある。
言ってみれば前を走ってる人を抜けなければ、ベストタイムが速かろうが遅かろうが関係ないってコトですよね。
もちろん一般的に言われるようなトップレベルのタイムが出せなきゃ勝てないので練習はたくさん必要なのだけど、前走者をパスするっていうのは本当に難しい。
無理矢理インにねじ込んでコーナーを1つ2つ押さえて引き離せれば良いけど、無理が行き過ぎて相手を巻き込んで転倒したらどうする??とか考えるとマージンを大きく取り過ぎて結局レースが終わるまで後を着いて行くコトになってしまったり。
もちろん抜き切れてこそ勝てるのがレースなので、抜けないならそれは己の未熟さってヤツなんですけども、それはそれとしてタイムを競うレースっていうか、スタイルがあっても面白いんじゃないかな…とふと思ってみたり。
峠を車でズリズリする人達がやってるようなヤツっつぅか、例えば桶スポを2周、1対1のサシで走って、規定秒数引き離せなかったら前後交代でもう2周。みたいな。
そんで1周周回時に何秒以上離されてたらその時点で終了、次の周はなしとか、もちろん抜かれでも終了。ただしスタート直後の1コーナーでいきなり抜くのはなし。つまんないから。
そういう感じのトーナメント戦で、凄い勢いでサクサク進行すんの。
ある意味『見せ場』っつぅか『見所』的なものもたくさんで見に来るお客さんも楽しめるんじゃないかな…とか、抜く技術や経験値はまだまだだけど、ひたすら練習しててタイムは上がって来てるっていう人も参加しやすいし、なんだったら勝てるチャンスもあってみたりとか。
僕はレースというものを去年始めたばかりなのであまりにも無知で、過去にこういうレースがあったとか言われたりしたら恥ずかしくて穴があったら出たい勢いなんですけども、なんとなく考えていたら本気で楽しそうだなっていうか、やってみたいなっていうか…
mtkみたいな走行会を企画して実現してしまう人達の行動力を改めて尊敬する。
それはそれで置いといて、抜ききれる技術とセンスと体力も欲しいのだけど。
そんで欲しい物は手に入れないと気が済まないのだけども。



2つのバイクブログランキングに参加しています。
ブログランキングの1位にもなってみたいもんだけども、今のところこのブログを読んでくれた人に、お帰り前にランキングクリックをお願いする以外の努力の仕方がイマイチ判らんf(^_^;)

人気ブログランキング にほんブログ村 バイクブログへ
 
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
なるほどー。
ゆえにすぱーと華麗に抜いてくライダーさんは超coolに見えるんですね~!
雅也 URL
2013/07/10(Wed)08:38:02 EDIT
Re:無題
雅也さん

正にその通り。

例えば1周1kmのコースでタイム差が3秒も4秒もあれば前走者をパスするのは雑作もないんですけども、その日のベストがコンマ数秒とかだったりすると、僕はまず抜けない。

レースを走ってるライダーは、速いライダーと上手いライダーと強いライダーがいて、表彰台に乗るような人達は上手い上に強い。

僕もいずれそんなライダーになりたいと思います♪
【2013/07/10 21:22】
ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログへ
最新コメント
[11/22 ねださん]
[11/20 ナオト]
[11/20 けいすけ]
[11/19 ナオト]
[11/13 ソイやんちん]
[11/12 Nメカ]
[11/10 Nメカ]
[11/05 あ、サーセンっち]
[10/30 ソイヤちん]
[10/22 かもめ]
Copyright © 往き先は何処でも良い。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT