VFR400R(NC30)でたまにミニサーキットを走っていまする。
アクセスカウンター
2014.3.3設置
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 6 8
16
17
27 28 29 30
書いてる人
お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム

先週のモトブレイクを走った時の走行動画を見た訳ですけれども。
 
一緒に行った忍者くんのお嫁さんが忍者くんだけじゃなくて、なんと事務局の屋上と最終コーナーと1コーナーから2コーナーの繋がりの辺りから撮ってくれたんですよね。
それをDVDに焼いたデータを送ってくれてて、昨日受け取ってから自分が走ってる様をほぼ初めて客観的に見るコトが出来ました。あまりの有り難さに涙がチョチョギレる思いです。
ずいぶん前にトミンで少し話した人が車載を撮ってて、自分が映ってるシーンをyoutubeにアップしてくれたコトがあるんですけどね、その時もだいぶ感動しましたけども今回は始めから自分を狙って撮ってくれてたので尋常じゃなく参考になったっす。
 
特に事務局屋上からほぼコース全体が見える状態での俯瞰はライン取りとブレーキポイントなんかが丸判りで、いかにまだまだ詰める余地があるかっていうのが浮き彫りにされた気分です。
 
自分では結構いっぱいいっぱいなラインで走ってるつもりだったコーナーがコース幅を全然活かしていないラインで走っていて立ち上がりがもたついていたり、左右の体重移動も自分で思っているよりも遥かに動きが小さくて、これはそれで良いコーナーももちろんあるんですけども、茂原の最終コーナーなんかはもう少し早めに車体を起こしてもっと早くアクセルオンに出来るはずだと思ったり。
 
ストレートから1コーナーの入り口ももっと奥まで行く余裕があるように見える。
これは走ってても感じたコトですけども、1コーナーの右で一瞬フルバンクにする手前辺りでアクセルを足してたりするんで、ストレートエンドのアクセルオフとブレーキングが早過ぎる証拠だ。
 
自走なんで、気持ち的なマージンを取ってるにしても、いくらなんでもまだまだ行ける。
 
この辺りをちゃんと見定められるようになれば自己ベストはまだまだ伸びると見た。
確信って言っても良いかも知れない。
 
50秒台前半まで自己ベストを伸ばして浮かれてましたけども、ビデオを見る限りまだまだ全開走行してるようには見えない。
 
人間って不思議なもので、『出来る』って思い込んでるとそのように自己暗示の力が働いて出来てしまう。
逆に『無理なのではないか』って思ってると上手く行かないものですよね。
 
自分が走ってる様を見て軽くショックを受けたりもしたんですけども、これから49秒台が最初の壁になりそうだと思っていたこの時期にこの映像を見るコトが出来て、逆に良かったと思いました。
 
『49秒台が壁になりそうだ』って思ってるのと『50秒前半でもまだまだ詰める余地がたくさんある』って思ってるのとではまったく結果が変わってくるはずなんですよね。
それに当日の上級タイムアタックで48秒台出てるのも見たし、今年の公式タイムアタックで47秒台に突っ込んでる人もいる様子。
 
あの大きさのコースで2秒差って言ったらクラスが2つ3つ違う勢いですけども、バイク単体の性能で言ったらそこまで大きな差があるとは思えないし、純粋に腕の差ってコトならまだ有り難い。
努力すれば削れるタイムならお金で買えるタイムって言われるより自分のお財布事情には遥かに優しいってもんです。
 
車体の重量がどうとかっていうのももちろんですけども、それよりも自分は自分のR1で良い感じに走れるようになりたいんで、次にモトブレイクを走る時にまずはガツンと49秒台アベレージを叩き出すために今回のビデオで閃いたコトを実行するための新たな筋トレを開始しようと思います(笑)
 
忍者くんとそのお嫁さん、ホントありがとう!
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログへ
最新コメント
[09/25 Nメカ]
[09/22 Nメカ]
[09/21 けいすけ]
[09/19 Nメカ]
[09/19 けいすけ]
[09/18 ナオト]
[09/17 mffactory02]
[09/15 ねだっち]
[09/15 ナオト]
[09/15 Nメカ]
Copyright © 往き先は何処でも良い。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT