VFR400R(NC30)でたまにミニサーキットを走っていまする。
アクセスカウンター
2014.3.3設置
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
6
24 25 26 27 28 29
30 31
書いてる人
お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム

昨日に引き続き袖ヶ浦フォレスト・レースウェイなお話な訳ですけれども。
 
スポーツ走行の金額と年間ライセンス料の辺りはまだ正式発表されていないとはいえ、ググっと調べた感じではどうやら筑波と同じくらいらしい、と。
 
ってコトなら1年のうち何度も行ける訳ではないのでライセンスを取るよりもショップの走行会に参加した方が結果的に安く上がってしまうってコトで、その辺りまだグググっと調べたところ、年明け早々にWith Meの走行会があるんだそうで。
 
年明け1月10日なんですけども、残念ながらその日は職場の事務所移転に強制参加にされてしまったので走りに行けない。。正直悲しい。。
 
で、With Meのページを見てたらBig Machineの企画で歴代R1/R6のオーナーの枠ってのがあって、そんなのも合わせて凄く興味津々なのにも関わらず事務所移転に強制参加…勢い余って仕事辞めてやろうかな、とか考えたりする始末ですよ。
 
そんでそのWith Meのページで見てたらですね、やはり噂通り袖ヶ浦FRWの音量規制は尋常じゃない様子。
 
ノーマルマフラーかバッフルをガチで参加しないといかんですってノリみたいですよ。
 
地域住民からの苦情が何とかっていう良くある話なんですけども、それについてはネットでいろいろ書かれてるようで、サーキット近辺にお住まいの方々とは『サーキット建設開始時に協議がなされていて、同意を得ている』っていう。なのに『地域住民からの苦情で』っていう不思議な、それでいて大人な話なんだそうで。
 
サーキットのオープンにあたって千葉の新しい市長が何とかって言ったとか、そのせいでオープン出来ないかも知れないとかいう話もずいぶん前に人伝に聞いたりして、袖ヶ浦FRWは色々大変な様子ですけども、それでもオープンしたっていうだけで充分凄いコトだし、きっと自分からは想像もつかないような苦労があるんだろうなって思ったりもする。
 
場所を提供してくれる側がそれだけの努力をしているのだから、走る側もマフラーをノーマルに戻すっていうのは目下当然の努力なのかな、と。
それにボチボチネットにアップされてる走行動画を見ると、やっぱり凄く楽しそうなコースなんでマフラーをノーマルに戻すっていうちょっとした手間を掛けるだけで良いのならやっぱり走ってみたいんですよね。
 
少しずつ認知されるようになれば、その分だけ理解が得られるようになるのだろうし、ある程度のマフラーの音量も許される日が来るに違いない。
 
それまでは袖ヶ浦FRWを走る時はマフラーをノーマルに戻して走ろうと心に決めました。
 
なのに1月10日は事務所の移転に強制参加で走行会に参加出来ないという悲しい現実。
R1とR6の枠なんかそりゃぁもう楽しそうなのになぁ…。
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログへ
最新コメント
[07/24 Nメカ]
[07/20 ナム]
[07/20 ほりっく]
[07/19 けいすけ]
[07/17 ソイヤちん]
[07/17 Nメカ]
[07/16 けいすけ]
[07/15 ナオト]
[07/14 ねだっち]
[07/14 分解一直線★]
Copyright © 往き先は何処でも良い。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT