VFR400R(NC30)でたまにミニサーキットを走っていまする。
11≪ 2017.12|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01
アクセスカウンター
2014.3.3設置
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
書いてる人
お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム
適当な僕が適当にタンクのサビ取りをしていた訳ですけれども。
 
ネットで色々調べたところ、サンポールでサビが取れるらしい。ってか結構やってる人が居るらしいコトが判って、面白そうなので僕もやってみましたよ、っていう。
 
サンポールは本当に猛烈にサビを落とすのが判ったし、処理をしないで放っておくとすぐに錆びるコトも判った。知識欲が満たされるという点ではかなりの収穫だった。
 
ただ、5PWのR1はタンクの形状の都合で、上下どちらの穴から液体を注いでも必ず中で結構な空間が出来る。もっと暖かい時期にやってたら取り返しのつかないコトになったんじゃないか?ってのは容易に想像出来る。危ねぇトコだったf(^_^;)
 
で、サビを取ったらコーティングをしないとすぐにサビが再発をする訳ですけども、コーティングも色々調べてみると、僕みたいな素人が迂闊に手を出すと取り返しのつかないレベルの臨界点を突破してしまいそうなので、前からちょっと気になってたワコースのFuel 1を定期投入するっていう方向で試してみようかなと思ってたり。
 
6-66
そんでサビ取りが終了したタンクはこの後凹みの修正と塗装をしないといかんので、すぐにガソリンを投入出来る訳ではない。
 
なので、1から2週間ばかり空の状態でサビを抑えないといかん、と。
この辺りはネットで調べるとKUREのCRC 6-66を使ってる人が多い様子。
 
これって所謂5-56の水物バージョンで、塗れてる面にもそのまま吹けるんだそうだ。
 
そんな訳で今日仕事から帰ってタンクに詰めといたマジックリン溶液を抜いて、水を入れてはシェイクして排水っていうのを繰り返し、泡と匂いがなくなるまでやってから、手が届く範囲の水気を取っておもむろに吹き捲くっといた。
 
半分くらい使ったろうか。
 
あとは自然乾燥で放置。
 
それからアレですね。
今週末に車体周りの修理を終えてしまおうと思って、昨日の夜にヤフオクでオイルを落札して入金手続きまで完了しといたんですよ。
 
水曜に入金確認してもらっとけば流石に週末の何処かには間に合うだろうと思って。
 
そしたら今日帰って来て取引連絡が来てるのを見たら、『在庫切れちゃいました!発想は14日予定です!』っていう何やら小気味良い連絡があった。
 
なんだろう…この腑に落ちない感じ(笑)
 
安かったんでちゃんとしたものをちゃんと届けてくれるなら良いんですけどね…f(^_^;)


何にしても週末のさいたまは雪の予報すら出ているので、R1と自分が元気一杯でもバイクには乗れなかった。

そう思えばどうってコトねぇよ♪

っていう自己暗示。
こういうの大事。
ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログへ
最新コメント
[12/15 Nメカ]
[12/14 ホリック]
[12/13 Nメカ]
[12/11 ymkz]
[12/11 鶴田雅也]
[12/10 ホリック]
[12/06 ナオト]
[12/06 ナオト]
[12/05 Nメカ]
[12/05 トモ松さん]
Copyright © 往き先は何処でも良い。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT