VFR400R(NC30)でミニサーキット走行が趣味のサラリーマン。定時を過ぎると光の速さでいなくなるダメ社会人の鑑。
アクセスカウンター
2014.3.3設置
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
18
25
28 29 30 31
書いてる人
お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム
いよいよ退院という今日になって、夜何度も目を覚ます理由が判った。

この部屋はトイレの目の前にあるのだけど、いろんな怪我をして器具や車椅子を使うのを前提に作られてるので、ドアがこう…ジャバラというかそういう作りになっていて、開閉に結構な音がする。

それと、僕も暫くお世話になってたけど、ベッドを離れられない時の尿瓶の処理をする部屋もトイレに併設されていて、その尿瓶を清掃するやつもゴーというかジャーというか、結構な音だ。

思い返してみると、そういえば目を覚ますたびにトイレのとこに誰かいたな…と思うのだけど、夜何度も目を覚ますのはベッドと枕が身体に合わないからだろうな…と思ってたのもあって考えが結びつかなかったらしい(笑)

そんなことを考えながら、起床時間の6時前には病室の片付けも終了。



1ヶ月も過ごすとそれなりに愛着というか、名残惜しいというか、思うところはある。

隣に不愉快な独り言や不快な音を垂れ流す生き物さえいなければもう少しここで生活したいとすら思うのだけど、何処の世界でもサービスを受けるにはそれ相応の対価を支払う義務が生じるものだ。

精算してみたところ、5月分の入院費用は12万円弱でした。

4月分と合わせて今回の入院の手術諸々は23万円弱ということになりました。

ついでに、この病院に来る前に救急で運ばれた宇都宮の病院でも3万5千円払ってるので、今回の転倒に関する病院関係のみの支払いは27万円弱ということになる。

今後退院しても暫くは通院が続くので、まだまだ出費は増えることになるのだけども、30万円もあったらそれなりのレースベース車の中古が出てくるんじゃね!?とか考えてしまうのは、何か物を買った後で、他の店でもっと安く売ってるのを探すようなものなので考えないようにする。

むしろ、1ヶ月も入院したり手術したりしたっていう生まれて初めての経験を買ったと思えば、安いもんだ。



いや、安くない。安くはないが…考えても仕方がないもんは考えるだけ無駄。無駄無駄無駄ァ!ウリイィィィィー。

そういった訳で、これからまた暫くは家の近くの病院でリハビリを続けるとして、この病院にはまた1年後、今回入れたプレートっつうか骨を繋いでるステーを取り外す手術をしてもらう時にお世話になることになりそう。

プレートは無理に外さなくても良いらしいのだけど、外したプレートをもらえると聞いたらどうしても欲しくなってしまったf^_^;)

それから、入院したその日に左手首に装着した商品管理タグ。



病室で今日担当の看護師さんから退院に関する説明を受けてる時に、そういえばこれの開封の儀みたいなのってないんですか?と聞いたんですよ。

そしたらなんと、『あ、そうですね♪』と言いながらハサミでチョキンとしてそのまま看護士さんのポッケにイン…。

違う…。

なんか思ってたんと違う…orz

なんかこう、ほら。

『今まで辛い入院生活ご苦労様でした。これを外すことによって、晴れて貴方はこの病院から解放され…』とかなんとか、そういう感動のフィナーレ的な演出が云々カンヌンでニンニンの…まぁいっか。

そういった訳で、ひとまずさらばおゆみ野中央病院!!



あとは松葉杖をついたまま生活したり通勤したりするのにいろいろ対策したり買い足したり大変そうだけど、まずはひとりでのんびり酒でも飲むか♪とか思いつつ、親父殿にさいたまの自分ちまで送ってもらって、久しぶりの我が家のトイレで驚いた。

トイレの水が出るところに置くトイレを綺麗にしとく類いのヤツ、あるじゃないですか。


あれって水が流れた時に液体が出るんじゃなくて、常に液体が落下し続けてるんですね…。

そんでこれを換えたのは入院する数日前で、1ヶ月分全部が流れていたらしく、最初に流した時の泡が半端な量じゃなかった。

あと長ネギがなんか生えてた。



ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログへ
最新コメント
[03/28 hosogairacing]
[03/27 ナオト]
[03/27 Nメカ]
[03/26 Nメカ]
[03/25 アルプスさん]
[03/24 Nメカ]
[03/19 ナオト]
[03/19 Nメカ]
[03/17 分解一直線★]
[03/16 ナオト]
Copyright © 往き先は何処でも良い。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT