VFR400R(NC30)でたまにミニサーキットを走っていまする。
アクセスカウンター
2014.3.3設置
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
24
27 28 29 30
書いてる人
お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム

日光サーキットの練習に出掛けた訳ですけれども。

今日は来週のコンパクトラバー2時間耐久に向けてYNORのNSR50とNSR80のテスト。

それから、なんかこう…ムラムラっとして久しぶりにVFRにも乗ってしまう計画です。



朝9時からミニバイク1本目で前回15日に着けていたリブラプロM-9からM-15にチャンバーを変更した効果を見ます。
このチャンバーはフランジにスペーサーを咬ますと中低速セッティング、スペーサーを取り外すと高速セッティングになるのだそうで、それぞれの効果を知りたかったのでまずは中低速セッティングで走ってみる。

前回15日に走った時の自己ベストは44秒5とかだったんですけども、そのタイムは1本目で既にアベレージになっていて、ベストタイムは44秒1とか。

良いぞ…良いぞこれ…とは思いつつ、もう少し何か隠し持ってそうっていうか、もう一声頑張れるに違いないだろこれ…っていう雰囲気がプンプンしていたので、10時からミニバイク2本目でフランジのスペーサーを取り外して走ってみる。

合わせてニードルの位置を変更しつつラインももう一工夫してみる。

ベストは44秒02。



結果的に今日の自己ベストはこのタイムになった。

直後の10時半から大型枠2本目でVFRに乗ってみる。

ここ暫くNSR50だけ乗っていたら、VFRが恐ぇ恐ぇ…orz

全然感覚が馴れなくて上手く走れないし、アクセル開けると加速が速いし、制動距離長ぇし、っつぅか気を抜くとNSR50と同じポイントまで引っ張ってからブレーキ掛けようとしてしまったり、アクセル全開のままクラッチだけでシフトアップしようとしてウィリーしそうになったり、ホントコエー(笑)

散々とっちらかって40秒6とかだったかなf(^_^;)

更に直後、11時からミニバイク枠3本目は2本目の走行直後にセッティングの希望を伝えておいて修正してもらったキャブの調子を見に出る。

微妙に外したみたいで音はとても気持ち良いし乗っていて楽しいのだけどタイムには繋がらない感じ。
タイムも44秒3とか。

チャンバーをM-15に変えた効果はデータで見ても判りやすくて、同じファイナルで最高速が4キロちょい上がってた。
そのせいもあってか、裏直エンドでブレーキをガッツリ行った時の底付き感が酷くなって、安心して突っ込めなくなってしまった。

そういう訳でフロントサスのバネレートを少し上げてもらって、午後に備える。

昼からは25日にペアを組んでもらう稲川塾長が合流して、13時からのミニバイク枠午後1本目は稲川さんがNSR50。僕がNSR80のテストをする。

稲川さんにフロントのバネレートを上げた効果を見てもらっているうちにNSR80なんですけども、ここ暫くエンジンにトラブルを抱え続けているので、水温とにらめっこしながらタイムを刻んで行く。

50と80ではシフトタイミングもラインも割と違うみたいでコツを掴むのに時間が掛かった。
今の80に入っているフロントサスの設定が柔らか過ぎるみたいで、締められる物を目一杯締め込んでもフワフワ感が取れなくて進入とコーナー中の挙動が不安定。恐ろしい…。

結局水温が上がり過ぎることもなく、20分走り切って42秒5弱。



ラインやブレーキ、シフトのタイミングのイメージを詰めて14時からミニバイク枠午後2本目。

コースインして6コーナーまで走った辺りでプスプス言い出して、ガス欠っぽかったのでコックを見てみたら見事にオフのまま(笑)

すぐリザーブ位置に変更してそのまま走るものの、1周回って来てスタートラインに差し掛かってもまだバラバラ言っている。

コックがオフでホースも繋がってなかったんじゃね!?まさかガソリン垂れ流し!?とか背筋が凍る気持ちでタンクの下を覗き込んでみるも、ホースはキチンと繋がっているしカウル内に液体を撒いている節もない。

結局8千くらいしか回らなくなってしまったのでパドックに戻る。

プラグを見るとバッシャバシャ。

結局この時点でこの枠の走行は終了したのだけど、後から聞いたらキャブの中のパーツにトラブルが生じていたらしく、アクセルがキチンと開かないのやら閉じないのやら、ニードルの位置がおかしくなる症状が発生していたらしい。

14時半から大型枠2本目。

この枠は長野組の南ちゃんを稲川さんがMC21で引っ張るっていうことで、じゃぁ僕も南ちゃんを真後ろから動画撮影しといたろ♪っつぅことで、至近距離から撮影。

さすがに今日2回目のVFRなので1本目程の恐怖感もなく、南ちゃんがコースアウトした後は稲川さんを追いかけて39秒6。

VFRで自己ベスト付近で走れるようにするにはミニをお休みして丸1日か2日VFRだけ乗らないとダメだこりゃf(^_^;)

15時からミニバイク枠午後3本目。

午後1本目と2本目を稲川さんに乗ってもらってサスのセッティングを変更したNSR50をチェック。

フロントのバネレートを上げた効果と稲川さんの好みでリアのダンパーをコンプ/テンション共に掛けていった状態だったのだけど、僕の好みでセットしていた時よりもアクセルオンでグイグイインに入って来る素晴らしいセッティング!!

…なのだけど、朝から20分6本を全力で走り続けたNSR50は朝程の元気はなくなってきたみたいで、44秒後半くらいでラップして、この枠のベストも44秒5とか。

これはこれで耐久の本番の終盤と同じ条件だと考えれば良い予行練習になったんじゃないかと思う♪

っつぅことで今日は大小枠合わせて8枠エントリーの正味7枠走ったんですけども、2時間耐久を2人で全力で走り切る体力はしっかりついていることが判ったので、何かと有意義な一日だった。

爆弾右手首もミニバイクと日光サーキットの組み合わせなら無理をすることなく20分全力で走り切っても痛みも出ないし力が抜けたりもしないし。

で、練習後はYNORのボスが懇意にしている本庄児玉のステッカー屋さん(Tシャツとかもやっていて工場内がワクワクスペース)に移動して決勝カウル用のステッカー制作。



21時半過ぎまで掛かってあらかた作り終えて、工房の割と近くのフライング・ガーデンに爆弾ハンバーグを食べに行った。

疲労と空腹で乾涸びる寸前だったので、普段の3割増で美味。



またいつも通りロクでもない話しをしながらモリモリ食べていたら、芋工場の工場長(FRPカウルも作れる)が盛大に米を吹き出して、向かいに座っていたYNORのボスの顔に直撃させるという奇跡を巻き起こした。

そういうことをする時は動画を回してる時にして欲しいな…と思いつつ、ライスシャワーって炊く前の米でやらないと参列者がベッタベタになって大変だな…って思った。

ご飯を満腹淵切り一杯食べて疲労と満腹感でヘロヘロっぷりが加速する中、関越道をユルユルと帰ってきて、家に着く頃には日付が変わって少し経っていた。

ミニバイクがメインとはいえ、日光の走行枠を立て続けに7本も8本も走るのはちょっと無謀だったな…と、身体がギシギシと悲鳴を上げている今切に思う。

でも今日は忘れずに午前午後共に走行終了後にプロテインを飲んでおいたし、アミノ酸やらミネラルやらを計画的に接種していたので熱中症の症状も一切ないし、身体もずいぶん鍛えられてんだな…と思ったり。

それから、50、80、400と立て続けに乗り換えてみると、それぞれの性格もまったく違うし、タイムを出すためのセオリーもずいぶん違う。

一気に気持ちを切り替えないといけないし、そのバイクに最適なタイムの出し方を一生懸命考えるのは本当に良い練習になった。

次はもう早くも前日24日です。

その前に引っ越し先の部屋を探さねぇといよいよヤバいf(^_^;)





ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログへ
最新コメント
[06/26 ミッチー兄]
[06/26 文化胃酸]
[06/26 ソイヤちんちん]
[06/26 Nメカ]
[06/26 No Limit]
[06/23 ナオト]
[06/22 ほりっく]
[06/22 タラヨ]
[06/22 けいすけ]
[06/17 たぶんはっとり⁉]
Copyright © 往き先は何処でも良い。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT