VFR400R(NC30)でたまにミニサーキット走行。C24セレナ(トランポ)と時々カメラのお話し。
06≪ 2018.07|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
3
13
24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(07/23)
(07/22)
(07/21)
(07/20)
(07/19)
(07/18)
(07/17)
書いてる人
お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム

毎日クッソ暑い訳ですけれども。

なんかこう…毎日暑い暑いとボーっとしていて気付かなかったっつぅか、昨日ふと思ったんですけども、今年は蚊に刺されて痒いってのがないな…と。

で、そんなことを思っている時にたまたまツイッターか何かで『蚊は気温35度以上になると死ぬ』っていうのを見掛けた。

なるほどそうなのか…あいつら意外と繊細なんだな…と思いつつ、暇だったのでちょっとググってみたら、気温が35度を超えても即死っていう訳じゃなくて、31度を超えた辺りから活動が鈍って日陰とか落ち葉の下とかでじっとしてるようになるっていうことらしいですね。

それにしても、最高気温は日々35度とか余裕で超えてるけども、夕方から朝方に掛けては20度台後半には落ち着いてる訳で、そういう時間に働いてる自分が遭遇しないってのはどういうことなんだろな…と。

そしたら、どうも蚊の幼虫のボウフラの皆さんが通常水たまりとかそういうところで繁殖するところ、連日の暑さでちょっとした水たまりも干上がってそれどころじゃないので、そもそも蚊が発生していないっていうことらしい。

そういうことならある意味『蚊は気温35度以上になると死ぬ』っていうのもあながち間違いでもないっていう気がしますな…。

ちょっとした水たまりっていえば、我が家の風呂桶にはこの時期常に水がはってあるんですよ。

プール的な感じで。

身体を冷やしたいのでそうしているのだけども、そこから蚊が大量発生とかしたら如何ともし難いじゃないですか。

ボウフラの大量発生を止めるためにはメダカとかそういう、ボウフラを餌にするような生き物を放しておくと良いらしいってことで、僕んちの風呂桶にもボウフラを喰いまくりそうなのをぶっ放した。



よし。

完璧。





ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログへ
最新コメント
[07/22 No Limit]
[07/21 ナオト]
[07/16 mffatory02]
[07/13 JETTO]
[07/10 けいすけ]
[07/03 もひ#99]
[06/30 トモ松さん]
[06/27 アルプスさん]
[06/25 ナム]
[06/18 分解一直線★]
Copyright © 往き先は何処でも良い。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT