VFR400R(NC30)でたまにミニサーキット走行。C24セレナ(トランポ)と時々カメラのお話し。
01≪ 2019.02|12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫03
カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
1
6
12 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
書いてる人
お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム

Mollet V100のフロントを10インチ/ディスクブレーキ化したい訳ですけれども。

どうやらストリートマジックのフロントフォークのインナーというかボトムというか…とにかくホイール側の部分がMolletのアウターにポン付けできるらしく、そこにセピア系のホイールを組み合わせると10インチ/ディスクブレーキ化が可能らしい。

そういった訳でずいぶん前にストマジのフロントフォークとブレーキAssyを中古で入手してあったのだけど、ホイールは相場が地味に高くてちょっと手が出なかった。


そんでぶっ壊れたまま放置してたセルモーターを手に入れようと思って最近ヤフオクでいろいろ調べていたらセピアZZとかセピアRSなんかのディスク付きホイールが割とたくさん安価で出品されていて、それなりのやつとシャフト/カラーを買ったってのはちょっと前に書いた通りで、あとはメーターギアも500円かそのくらいで落札したヤツが今頃こちらに向かっているはず。

そしたらば、現物をガチャガチャしてみて何をどうすれば良さそうか確認できるかな…と。

が、その前に。

どうせMolletのアウターにストマジのインナーを組んでみないと、実際のピッチが判らないのでカラーの長さとかも判断できないのだけど、そもそもストマジのフォークにセピアのシャフトでサイズが合ってるのかな…ってのをちょっと確認してみようと思って。

まず最近入手したセピアZZのホイールとシャフト。



これはもちろんシャフトの径もカラーの外径内径もピッタリ。

そんで、ストマジのフォークにキャリパーを仮組してホイールを合わせてみたのだけども…。



ビックリするくらい納まらん(笑)

パッドを外してキャリパーのボルトをかなり緩めてなんとかディスクがキャリパーに入ったっていう勢いなので、パッドが入ってる状態ではかなり仮組すら不可能だ。

ではディスクがキャリパーのほぼ中心に来るようにするとなるとどのくらいのカラーがあれば良いのかの…とカラーを外した状態で組んでみたらば。



この前入手したカラーの半分にも満たない長さのカラーが必要になるみたい。

ちなみにこの状態でホイールの反対側を見てみると…。



ネジを切ってある部分が辛うじて出てるくらいで、ここにメーターギアが着いたらまったく顔を出さないくらいシャフトが短い。

カラーが長すぎることといい、シャフトの全長が短すぎることといい…どうやらこれは形式を勘違いしたか見間違えたかして、ドラムブレーキの車種のシャフトを入手したっぽいなf(^_^;)

それでも500円で入手したものだし、シャフトの径とカラーの内径外径のサイズが判ったっていう情報料だと思ったら無難な勉強代だ(笑)

それから、ネットで色々調べた感じ、ストマジのフォーク/キャリパーとセピアのホイールを組み合わせた場合、ディスクにパッドが完全に当たらないっていうのを見たんですけども、仮組してみた感じ2/3かそれ以下くらいしかパッドがディスクを掴めない様子。

パっと見た感じ半径があと1cmくらい大きなディスクがあれば性能的にも気持ち的にもスッキリするんだが…っつぅか、そういう実用的なところはそれなりに形になってから悩めって感じかf(^_^;)

ストマジのフォークを買ってからも1年以上寝かしてるくらいだし、僕が生きてるうちに形になれば良いや♪

あと何年生きるんだか知んないけども(笑)





この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログへ
のりはし使用プロテイン
楽天でも買えるようになった模様。
最新コメント
[02/16 MarcusAmbuh]
[02/14 ivanbeletskiy]
[02/13 ジョージ]
[02/13 のりはし]
[02/11 ジョージ]
[02/11 ししまる]
[02/11 ジョージ]
[02/09 ジョージ]
[02/08 ジョージ]
[02/07 ジョージ]
Copyright © 往き先は何処でも良い。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT