VFR400R(NC30)でたまにミニサーキットを走っていまする。
アクセスカウンター
2014.3.3設置
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
24
27 28 29 30
書いてる人
お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム

ヘルメットがくたびれてきた訳ですけれども。

このヘルメットは元々本番用に取ってあったもので、これを被ってる時に大きな転倒っていうのは今んところないっていうか、大きな転倒は何度かあるけど激しく頭を打ち付けるような転倒は少ないので安全性に危機感を持つほどじゃないんですけども、気が付いたらシールドのポッチがなくなっていた。



気づいたのは少し前、桶スポにNSR50の練習に出かけた時、走行前にヘルメットを被ろうとしたらなにやらポロリと落ちてきた。



元々OGKのFF5Vのハイコストパフォーマンスなところが気に入っていて街乗りで被ってたのが、色々あってショウエイのX12を買ってみて、買ったそばから筑波の2ヘアでダッフンダして装備車検通らんぞこれ!!っつって、慌てて買い直したのが今の2代目FF5Vだ。

最初に買って被ってた時は、シールドの外側にフィルム状の捨てバイザーが着けられるタイプのやつで、シート下にいつもミラーとスモークとクリアの予備を入れてあって、その時の天候や時間に合わせて交換してたり、高速なんか走ってると意図せず虫の大群に突っ込むことなんかもしょっ中あるので、あまりに酷い惨殺っぷりだった時や、フィルム自体が激しく傷ついた時は新しいのに交換したり、かなり便利だと思ってた。

新しく買い直したFF5Vは捨てバイザーじゃなくてピンロックが着いてるタイプのシールドが付属していて、内側に空気の層を作って曇り止めの役目をさせるっていう近頃流行りのスタイルで、そもそも役割が全く違う。

今は街乗りできるバイクもないし、サーキットオンリーで考えるなら捨てバイザーはいらないのでとにかく曇り止めの効果が高い方がありがたい。

そういう訳なのでピンロックのピンが何処か行ってしまったのはダメージがでかい。

ひとまず内側のアレは外しておいてそのままにしてあるのだけど、そうこうしているうちにもう片方のピンもなくなって、この前今年初の日光サーキット走行に出かけたらシールドに開いた2つの穴が見事に隙間風を生み出して、それはもう絵も言われぬやかましさなのだ。

ずっと使ってるうちにはシールド本体もピンロックの二重窓の方も細かい傷が多数で、シールド本体はひとまずテープか何かで穴だけ塞いで予備で暫く持っておくとして、ピンロックの方はパッキンもずいぶん劣化してるみたいだし、パッキンが着いてるせいでコンパウンドで傷を取ってっていうのもちょっとアレなので、この際両方買い替えようと決心して、今日注文しておいた。

何気に楽天のポイントがちょっと余ってたので、クリアミラーのシールド本体とピンロックのシート、それから送料税込み込みの3800円弱で買えた。

今年に入ってからトランポとVFRに一気に資金投入した時のオマケポイントですな。

そういえば改めてみると今のヘルメット。



細かい傷や虫の惨死体が結構付着してるな…。

せっかくシールドが綺麗になることだし、たまにはヘルメットも磨いてやろうかな。

カッティングやらシールやらいろいろ遊んでたのももう飽きたので全部剥がそうf(^_^;)

フンドシとヘルメットは白であるべきだって慶次はんが言うてはったで。

フンドシどころか白いパンツすら1枚も持ってないんだけども。





この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログへ
最新コメント
[06/26 ミッチー兄]
[06/26 文化胃酸]
[06/26 ソイヤちんちん]
[06/26 Nメカ]
[06/26 No Limit]
[06/23 ナオト]
[06/22 ほりっく]
[06/22 タラヨ]
[06/22 けいすけ]
[06/17 たぶんはっとり⁉]
Copyright © 往き先は何処でも良い。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT