VFR400R(NC30)でたまにミニサーキットを走っていまする。
アクセスカウンター
2014.3.3設置
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
29 30 31
書いてる人
お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム

今日は仕事から帰ったらヘルメットのステッカーを剥がしてちょっと綺麗にしてやろうと思っていた訳ですけれども。

まずはヒートガンで温めて一気に剥がしてしまおうってことで、ヒートガンを探す。

のだが。

ありそうな場所を探しても一向に見つからない。

そんなにだだっ広い部屋でもあるまいし、米粒程度の大きさのものを探してるってんでもないのになぜ見つからないのか…。

とか思うのだけど、ちょっと前なんか出掛けに車と部屋のカギを一緒にくっつけてるやつが見つからなくて、20分以上部屋中探してもどうしてもみつからなくていよいよ憔悴し切ってうなだれながらポケットに手を突っ込んだらカギが入ってたことあったしな…。

自分でポケットに入れたカギをそこに入れたことを忘れて20分以上も部屋中ひっくり返してるような僕のことなので、そのうちまたひょっこり出て来るだろうしヘルメットのシールを剥がすのはヒートガンが出て来てからにしよう。

ところで、今日部屋中をひっくり返している最中、こういうものを発掘した。



これは2台目のContour ROAMをとても良いタイミングでほぼ新品の中古をヤフオクで入手した時に着いて来たもので、Contour ROAMは元から1mだか10mだかの防水機構なので、バイクの車載動画撮影用途にはまず必要ないので箱に入れたまま2年半も寝かしてた。

撮影窓に当る部分の保護シートを剥がしていないので、恐らく前の持ち主も一度も使用しないまま譲ってくれたんだろうな…と。



でも依然として僕の生活の中で入るであろう最大水深は風呂の数十センチくらいなものなので、Contour ROAM本体のみで事足りてしまうのだ。

いや、自分が風呂に入っている時に浴槽の中を撮影する機会ってのもまずないけども。

で、たまたま発掘したので開けて弄って遊んでたんですけども、Contour ROAMといえば少し前に後方カメラのレンズカバーがリアタイヤが跳ね上げる小石やタイヤカスで傷だらけになったのをコンパウンドで磨いたばかりですけども、後方カメラをリアカウル下に設置する以上それは避けられますまいなと。

そんでどうせ傷が入ると判っているのなら、防水効果云々は置いといてケースに収納して撮影できるなら万が一の時にもダメージが軽減できたりするんでないのかな…と。

っつぅことで、初めてContour ROAM本体を中に入れてみたんですよ。

前側の下のバックルみたいなのをガバってして本体をイン!



ウィーン…ガシャン!バコン!




やべぇ…なんだこの感じ!
ワクワクが止まんねぇょ!!
合体ロボかよっ!!

でも実際のところ、多分水中の浮力とかそういうのを考慮して作ってある様子で本体と合わせて重量がちょっとしたものだったり、マウントが後端にあったりでバイクのサーキット走行には振動が酷そうだったり壊れてしまったりしそうなので、後方カメラに使用するのはちょっと厳しいかな…と思って見たり。





この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログへ
最新コメント
[05/29 ナオト]
[05/27 ナオト]
[05/26 分解一直線★]
[05/26 ナオト]
[05/23 ナオト]
[05/22 ナオト]
[05/22 ナオト]
[05/21 ナオト]
[05/21 ナオト]
[05/21 ASANO 弟]
Copyright © 往き先は何処でも良い。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT