VFR400R(NC30)でたまにミニサーキット走行。C24セレナ(トランポ)と時々カメラのお話し。
05≪ 2018.06|123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
16
22 23
24 25 26 27 28 29 30
書いてる人
お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム

今日通勤途中にとても綺麗に磨き上げられたR1を見掛けた訳ですけれども。
 
それも同じ年式(5PW)のやつ。
 
ちょっと前に袖ヶ浦FRWを走った時も回りのR1はみんなピカピカで『走るのが勿体ない』とでも言わんばかりにピカピカのばかりだった。
 
そりゃぁ私だって汚いよりは綺麗な方が良いとは思うし、洗車が極端に嫌いだって訳ではない。
でもですよ。
サーキットを走るってコトは転ぶコトもある訳ですよ。
それも速く走りたいと思ったらそれなりにリスクは増える。
 
安全に、それでいて速く走れるのが理想ですけども、サーキットを走る回数が増えればそれだけ転ぶ機会と遭遇してしまう。
 
で、その時にカウルを新品買って来て交換するのか機能に問題ないレベルまで補修するのか?って言ったら私の場合は補修なんですよね。
 
そんでその分他にコストを掛けたい、ってなコトで。
 
そんな訳で私のR1の見た目はボロボロだ。
もはや異彩を放っていると言っても良いかも知れないレベルだ。
 
でも見た目がボロボロだからって愛着がない訳じゃないぞ。
私のR1に対する愛情はそれはもう尋常じゃないぞ。
 
R1のために食事を一日米0.5合のみというかなりハイレベルな食費削減体制で暮らすコトすら厭わない程にR1が大事だ。
月の食費よりもR1のガソリン代の方が遥かに高いという現実。
それでもR1に乗るコトが出来るならそれだけで幸せなのですよ。
 
さて、今日仕事から帰って来てから駐輪場のR1の隣りに体育座りしてR1に聞いて見た訳ですよ。
 
『あなた他のR1みたいにいつもピカピカに磨かれていたい??』っつって。
 
もちろんR1が突然喋り出すとか僕の心に語りかけて来るっていうメルヘンな事態は発生しない訳ですけども、日本には昔から八百万の神なんて言いまして、全ての物に神が宿ると言われて来た国な訳ですよ。
 
そしたらYZF-R1(5PW)の神様もいるかも知れない訳で、熱心に話し掛けたら一言くらい返事するかも知れんと思って『外装がボロボロなのは不服か?』とか『走る時間を削って磨かれていたいか?』とか『もっと磨いてくれる人に買われたかったか?』とか散々話し掛けてみたんですけども、やはり返事はなかった。きっと照れ屋なんだ。
 
そんで諦めて部屋に戻ろうと思ったら『そんなコトないよ。SSは走るために生まれて来たのだから磨かれるよりも走って欲しいんだよ、のりはし!』っていう声が聞こえた。
 
まぁあの…自分の声なんですけどね。
 
そんな訳で今日も今日とてハイコストパフォーマンスなウィスキーでヘベレケな私ですよ。


この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログへ
最新コメント
[06/21 mayof]
[06/18 分解一直線★]
[06/13 Nメカ]
[06/12 伊集院奈々史(本名)]
[06/05 ナオト]
[06/04 しゃつちよ~]
[06/02 けいすけ]
[06/02 Nメカ]
[06/01 もひ#99]
[06/01 Nメカ]
Copyright © 往き先は何処でも良い。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT