ブログ内検索

にほんブログ村 バイクブログへ

アクセスカウンター

2014.3.3設置

カレンダー

07 2016/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 24 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[08/24 ナオト]
[08/10 ナオト]
[08/09 かもめ]
[07/31 ナオト]
[07/30 Horic]
[07/30 ゆう子]
[07/27 ゆう子]
[07/27 ナオト]
[07/25 hosogairacing]
[07/25 Asano 弟]

書いてる人

お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム

AVIREX YAMATOを買いました。


もうかれこれ15年くらい履き続けて来たウェスタン・ブーツがある訳ですけれども。
踵を打ち直したりソールを張り替えたり、あれやこれやと延命措置を続けて気が付いたら15年選手。

15年選手。

革って伸びたり縮んだりするじゃないですか。
もうね、15年も履いてると自分の足の形にピッタリフィットし過ぎて履いてる気がしないっていうくらいなんですけれども、最後に先っぽがパカっと開いちゃって直した時に、適当なトコに持って行ったら瞬間接着剤を使われてしまったらしく、最近また親指が見え隠れするようになって来たので修理して貰おうと思いきや、『瞬間接着剤で貼付けた痕があるので直せない』と言われてしまった…。ヘコー。。

 『これはきっと根気よく腕の良い職人さんを探せばいつか直せるに違いない』と思うんですけれども、普段バイクに乗るのにレーシングブーツを履くっていうのもアレだし、かと言ってスニーカーで乗るっていうのも気が乗らない。ってか落ち着かない。
 
つまりちょっとした緊急事態っていう訳です。

では、このブーツを直してくれる職人さんを探ししつつ、久しぶりにブーツを新調しようっていう気になったんですけれども、真っ先に思い浮かんだのが最近ライコやらナップスやらドラスタやら、どこのパーツ屋に行っても置いてあるAVIREX YAMATOだったんで、特に考えもなく楽天でポチ。
 
元々AVIREXは好きなブランドで、若い頃はシルバーのMA-1をボロボロになってもずっと着てたり、兄貴にB-3をプレゼントしたり、他にも言い出したらキリがないですけど何かと思い入れのあるブランドで、そのブランドがライダーブーツを出したっていうなら履いてみるでしょう!っていうノリですかね。
 
で、平日は荷物を一切受け取れないので土曜着で配送してもらって今日さっそく受け取りました。

AVIREX YAMATO

色はクレイジーホースで、15年選手と同じような生地。サイズは24cmにしました。
自分は足が小さくて、ナイキのスニーカーだと24.5cmでぴったりなんですけれども、このブーツは普段のサイズより1cmくらい下を買うと良いってあったんで、ホントは23.5cmが欲しいトコだったんですけれども、そのサイズの設定がないので編み上げのエンジニアタイプだし23cmでキツいっていうよりは24cmの方が合わせ易いかなってな感じで。
 
実際履いてみた感想としては、内側がジップになってるんで脱ぎ履きは割と楽です。
 
久しぶりの新品ブーツで、この革の硬い感じとか新鮮でちょっと気分が盛り上がったり。
色んな角度で足に力を入れてみると、生地の裁断部が良く考えられてて、まだおろしたてでカチカチなのにもかかわらずあまり不自然さを感じないってのもテンションが上がった理由のひとつだと見た。
 
そんでライダーブーツっていうだけあって、足の甲のシフトペダルが当たる部分は革が2重になっている。これもナイス。
 
ブーツのこの部分って、ブーツを守るっていう意味ももちろんあるんだと思うんですけれども、何より革がなれて柔らかくなってくると、長時間シフト操作を続けた時に痛くなってくるんですよね。
 
そんな訳でこれもありがたい作りだったり。
 
さっそくこれを履いてバイクに乗ってみようと思って、用事を済ませた後で夕方くらいからちょっとその辺を一般道と高速合わせて200km弱走ってみたんですけれども、今までにくらべてソールが厚いので初めはかなり違和感がある。
それから、24cmを買ってみたんですけれども、結果的には23cmでも良かったかも知れない。
構造的に先の方は若干余るような作りになってる気もするけど、自分の足の甲が薄いせいかシフトを操作する時に中でちょっと遊んでる。中敷きを一枚入れても良いかも知れない。
 
170kmくらい走った頃にいつもの芝浦PAでタバコを吸いつつ休憩。
なんとこの頃には既に革が馴染みつつある!凄ぇ!2.3ヶ月掛かると思ってたのに!
 
シフトが当たる部分はオイルフィニッシュなだけあって、速攻で真っ黒に。

シフトペダル部

ゴムで革を擦り続けてるようなもんだから当たり前っていえばその通り。
そのうちこの部分は鞣されたように黒光りし出すんだろうなぁ。

送料込み16,000円弱っていう金額を考えると、価格以上の作りのように思います。
ブーツを探してる人にはひとまずお勧めしたいブーツだったり。







Comments

Comment Form