VFR400R(NC30)でたまにミニサーキット走行。C24セレナ(トランポ)と時々カメラのお話し。
09≪ 2018.10|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
書いてる人
お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム

久しぶりに高速道路を走った訳ですけれども。

今朝アルバイトが終わってから一度帰宅して、シャワーを浴びたり着替えたりして栃木に行く予定だったんですけども、アルバイトで少し残業してたりなんかしたらあまり時間に余裕があるとも言えない感じだったので、アポの時間に遅れちゃ申し訳ないので高速乗って行きましたよ、と。

ナビのアプリで最速のルートで行ったら館山-京葉道から東関道を上ってC2経由から東北道っていうブルジョワルート。

東北道と言えばさいたまに住んでた時、日光サーキットに行く時は外環の戸田南から乗って東北道を北上してたんですけども、佐野藤岡の辺りまで来るとちょうど半分っていう感じだったんだよな…とか。

今日は小山市に用事なのでそこのインターで降りた。

すると、東北道から見える千と千尋の何かじゃね!?っていう趣の牛肉の館を下から見上げることになる。



目的地に向かっている途中今日会う予定の方から電話があって、『今日必要なもので伝え忘れていたものがあるので、大変申し訳ないが寄り道して引っ張って来てプリーズ』というような内容をとても正しい日本語で言われた。

そういう訳で、のりはし初めてのおつかい法務局編。



いや、ホント今まで法務局なんて近寄ったことすらないので、なんとなくとても厳かなイメージがあって、自動ドアが開いた瞬間にいきなり『死刑!』とか言われたらどうしよう…とか思いつつ、それはもう心臓がポックンポックンしながら入ってったんですけども、他はどうだか知らないけど僕の用事があった窓口は市役所とか区役所の類と同じ雰囲気だった。

恐らくその窓口の管理者か最古参という雰囲気の人の接客が、嫌味じゃないし不愉快でもないのだけど、ビックリするほど失礼でウケた(笑)

法務局で必要な情報を入手してアポの時間よりもちょい押しで本来の目的地に到着して、2時間ばかり担当者さんとあれやこれやと書類にサインしたり説明したりされたり雑談したり。

その結果恐らく僕が望む、相手にとって最もフェアで自分にとって最も苦難の道は断たれることになると思うし、あまり使いたくない法的に正しくて僕の性格からしてあまり許容したくない一手を打たざるを得なくなるのかも知れない。

っつぅか、他のすべての人間はともかく、あなたがその手をまず推奨して来ちゃったらいかんのではないのかの…とか思いつつ、こんなに笑ったのは久しぶりだ(笑)

僕はどちらかと言えば文系の人間だし、僕の周囲に理数系の人間っていうのもあまりいないのだけど、そっちに振り切るとこういうロジックになるのか…と唖然としたっつぅか…なんだったらちょっと感動した♪

世の中にはいろんな人がいるもんだな。

久しぶりに30時間近く起きていて脳みそが回らないのでもう寝る!





この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お久しぶりです(^-^)
死刑って(笑)
少し上向きでしょうか?
なんだかもの凄く難しい事されてるのかなぁって感じがしてコメント控えてましたが『死刑』に釣られました(笑)
もう少しでしょうか?体に気をつけて頑張って下さい(^-^)
ナオト
2018/01/13(Sat)08:54:20 EDIT
Re:無題
ナオトさん

お久しぶりですね!

何やら自分に似合わない小難しいことをしてるような、そうでもないような…それでいて相変わらず面白おかしくズルっと生きてる感じですよ(笑)

何がどうなってるのかのオチが着くのはもう少し先になりそうですけどもf(^_^;)
【2018/01/13 21:39】
ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログへ
最新コメント
[10/15 46]
[10/13 ジョージ]
[10/13 ジョージ]
[10/12 masaya]
[10/11 ジョージ]
[10/10 ASANO 弟]
[10/10 ジョージ]
[10/10 さ○とー]
[10/10 もひ#99]
[10/03 タラヨ]
Copyright © 往き先は何処でも良い。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT