VFR400R(NC30)でたまにミニサーキットを走っていまする。
アクセスカウンター
2014.3.3設置
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
24 25 26 27
28 29 30 31
書いてる人
お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム

最近時間があるとFRPでカウルを自作した人のサイトとかを良く見てる訳ですけれども。
 
自分でも何か作ってやろうとか思ってるっていう訳でもなく、ただ純粋に興味があって知識欲を満たすために見てたっていうだけなんですけども、FRPのカウル自作と言ってもプロ級の人から相当無茶苦茶な人まで多種多様の十人十色ってヤツで、感心するような情報から間違っても真似してはいけないようなネタまで見るコトが出来て、ホント便利な世の中だ。
 
その真贋はさておきネットが普及したコトで得られる情報量は桁違いに増えて、バイクに乗ったりパーツの評判を探したりと、何かと助かっているのは曲げようのない事実だ。
 
さて、FRPのカウルを自作する時の表面処理なんですけども、自作派の場合概ね仕上げはパテを使うコトになるようなんですよね。気泡を埋めたり均したりするのに。
 
そんでそのパテで気泡を埋めたりしてる画像なんか見てたら自分の塗装を剥がしてそのままにしてるクレバーウルフのシートカウルも似たようなもんだと思うようになってですね、今んトコ塗装代を捻出する気はサラサラないんですけども、パテはストックがたくさんあるので暇つぶしに下地だけでも作ってみっか?って気になった。
 
仕事から帰って来てからシートを外して部屋に持って来たんですけども、塗装を剥がして汚れ易くなってる上に特に何のケアもしてないので、このままパテを盛る訳にも行かなそうなので、まずは表面の汚れを落としがてら全体に軽くペーパーを当てないとどうにも進まなそうな予感。
 
そんな訳で外したは良いが作業には取りかからずリビングのテーブルの上に鎮座している訳ですけども。
 
クレバーウルフ
 
外装関係のパーツとかマフラーとかってバイクに着いてる時は大きさを感じないのに取り外して単体で見ると改めて大きいなって感じるコトがありますよね。
 
5合目から見上げる富士山はその辺のちょっとした山のように感じるけどちょっと離れてみると恐ろしいと感じる程でけぇ。みたいな感じですかね。
 
可もなく不可もなく特に面白味もない喩えを挙げてしまったコトに軽く後悔の念を抱きつつですね、これから暫くのんびりシートカウルにパテを盛ったり削ったりして遊ぼうと考えています。
 
その間塗装を剥がしっぱなしで大変なコトになっているシングルシートよりも更にボロボロでつぎはぎ補修だらけのノーマルシートカウルを着けておかなければならないというコトにたった今気が付いたという辺りは考えない事にしておきます。
 
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログへ
最新コメント
[05/23 ナオト]
[05/22 ナオト]
[05/22 ナオト]
[05/21 ナオト]
[05/21 ナオト]
[05/21 ASANO 弟]
[05/21 ソイヤちんちん]
[05/21 Nメカ]
[05/20 ナオト]
[05/19 もひ#99]
Copyright © 往き先は何処でも良い。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT