VFR400R(NC30)でミニサーキット走行が趣味のサラリーマン。定時を過ぎると光の速さでいなくなるダメ社会人の鑑。
02≪ 2017.03|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04
アクセスカウンター
2014.3.3設置
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
18
23 24 25
26 27 28 29 30 31
書いてる人
お名前:
のりはし
メール:
bulletviper@Gメール.コム

普段タイヤはピレリのディアブロスーパーコルサのSC2を履いている訳ですけれども。
 
国内品切れ状態ってコトで、今回初めてレーステックインタラクトのK1を履いてみたんですけど、同じ工場で作ってるってコトでたいした違いはないんだろうと思ってたら、コンパウンドの違いからか随分性格が違う気がする。
 
ディアブロスーパーコルサSC2はスライドの仕方が穏やかで、滑り出してからも斜め前に滑って行く感じ。コントロールもし易くて非常に安心感がある。
 
対してレーステックインタラクトK1は暖まって来ると路面に貼付いてる感覚がある。グリップ力は間違いなくディアブロスーパーコルサSC2より高い。それはもう猛烈に。
 
そのせいかどうか微妙なトコですけども、スライドするとヒヤッとする。
 
それから、1度溶けて冷えるとアクリルみたいな手触りになって、もう1度溶かすのに難儀する。ってかそれにしくじって猛烈なハイサイドを喰らった結果、1週間の冬期休暇の初日に全治1週間の怪我を負うというネタ臭い結果を残した訳ですけどね(笑)
 
ディアブロスーパーコルサSC2はそれほどシビアに考えなくても良い感じに溶けるので、ウォーマーが使えない自走イストの自分にはディアブロスーパーコルサSC2の方が合ってるのかも知れないと考えていたりする。
 
そう言えば最後に転けた時に履いてたのはレーステックK3で、一昨日ズッコケタ時はレーステックK1だ…相性悪いんだろうか(笑)
 
何にしても早く怪我を治してバイクに乗りたいなぁ…と左手だけでブログを書きつつ思うのです。


この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
限界の高いタイヤなりサスペンションなりを使うと、限界を超えた時のコントロールは一段と難しくなりますね…。
以前RX-7に乗ってた頃、純正の225幅のタイヤの時は多少ドリフトしてもコントロールできたんですが、リア255幅って太っといの入れたら、なかなかリアが流れず、調子に乗ってたら、滑った瞬間に一切動作が取れず、ハデにスピンした事があります(-o-;
それ以来、”このタイヤでは滑ったら終わりだ”と自分に言い聞かせてました(^^;
やじ URL
2010/12/30(Thu)23:28:36 EDIT
Re:無題
やじさん

225から255って言ったら相当グリップ感変わっちゃいますよねf(^_^;)

今日スクリーンとタンクパッド諸々受け取りました!!
なんていうかホントありがたくてありがたくて涙がチョチョギレます。
まだ起き上がる時と座る時の激痛で涙目になるのと合わせて涙がポロリです(:_;)

身体が治ったらお礼に微妙なものを送らせてもらいます♪
【2010/12/31 17:00】
ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログへ
最新コメント
[03/19 ナオト]
[03/19 Nメカ]
[03/17 分解一直線★]
[03/16 ナオト]
[03/16 ナオト]
[03/16 ナオト]
[03/16 ナオト]
[03/14 ナオト]
[03/13 ナオト]
[03/13 分解一直線★]
Copyright © 往き先は何処でも良い。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT